昭和建設 社長 ブログ 持続可能な社会の創造
本文へジャンプ
 ブログ引っ越しました。
詳しくはこちらをクリックしてください。
2011年9月10日(土)
和田町物語
NHKでも放送
 横浜青年会議所60周年記念事業 ヨコハマショートフィルムフェスタに横浜市保土ヶ谷区の和田町商店街の紹介PVを出展しました。
その結果43本中の5本に選ばれました。そして、NHKのニュースでも取り上げられました。
この作品を作成するのに沢山の仲間に助けれましたこと感謝申し上げます。
和田町物語
 
 
2011年8月23日(火),24日(水)
和田地蔵祭りにて
ワニードリンク発売

横浜国立大学の生徒さんがWANEYを使ったドCを考案
和田地蔵祭りで販売します。

商品名

1.ワニコンサイダー(大根を使って爽やかヘルシー)

2.ヨーグルワニー(ヨーグルト味でスムージー)



 
 
2011年5月20日(金)ツバメ来社
本日は晴天
現在屋上では22日 マリンタワーで販売する和田町産ハチミツWANEYの採蜜を行っています。
ふと社内の本棚を見上げると何とツバメが・・・・・。
社内に幸せを運んでくれそうな予感。(^O^)/

収穫結果
収穫量14kg.
糖度83.2%


 
2011年4月30日(土)2011年度 第1回収穫祭



本日は晴天
かねてより予定をしていました採蜜の時期がやってまいりました。
あなたにはもうこの招待状が届いたでしょうか。

地元の町内会、商店街、横浜国大生、先生それから保土ヶ谷区の地域振興課、横浜建設業協会保土ヶ谷区会、YCV(横浜ケーブルテレビ)、建設通信新聞、総勢23名で2011年度はじめての採蜜を行いました。





町内会のセレブな皆さん




先ずは実行委員長 金子欣司による養蜂事業の説明会
みなさん真剣です。 



内検と遠心分離機にみなさん興味深々


今年度初めての収穫



採蜜したハチミツを参加者自ら小瓶に移し、お土産完成
  
 

今日はYCV(横浜ケーブルビジョンが取材に来てくれました。

今年度はあと数回収穫祭をする予定です。
あなたに招待状が届くかもねー。
収穫結果
収穫量7kg.
糖度87.5%
その他のニュースソース 
横浜ケーブルビジョンの地域密着!YCVで紹介されました。
またアナウンサー柳田さんのブログにも紹介されました。
〜フリーアナウンサー柳田さやかの挑戦日記〜
横浜国立大学と読売新聞さんが主催の「これからの流域圏を考える」の講座でも紹されていたようです。
2011年3月30日(水)震災のその後・・
震災から3週間
現地の復興がいまだ滞る中、日本中の人たちが一つになろうと、がんばっているのが日々の報道で

耳や目に入ってくる。会社として個人として何が出来るか。日々暗中模索している毎日を過ごしている。
そんな中、(社)横浜青年会議所で知り合った仲間が、仙台に行き支援物資の受入れを手伝いに行った。
また、2009年に知り合った横浜国立大学の大学生、昨年世界一周を目指し出発した廣瀬くんが、
今日本にいないが、外国の方々の応援メッセージ日々貰っているなかで、自らが何か出来ないかと、世界中の支援する側、される側を繋ぎたいと、ブログを立ち上げました。

そのブログの運営に、2009年当時仲間になった学生(チーム名:コスモスマインダー)に呼びかけをして、みんなでサイトの管理、運営をしていくことになった。

なんか当時の学生たちと持続可能な社会の創造をテーマに様々な体験をしてきたなかで、今こそ世界中がつながり、恒久的な世界平和が訪れるような気持ちで、私自身奮い立たされた。
大学生の旅日記 http://saji3.jugem.jp/

世界を繋ぐブログ http://oneworldscouting.blogspot.com/ 
2011年3月26日(土)WANEY再始動・・・  
今日、WANEYが帰ってきた。
岐阜県の秋田屋本店世から届きました。なんと宅急便早く部屋から飛び立ちたいとWANEYたちが動き回ってます。
 
   
今日は私たちと同じ建設業界から、この春養蜂事業をスタートする
中区(株宙苟g)
旭区(褐I原工務店)
瀬谷区(川口工業梶j
緑区(土志田建設)
青葉区(工藤建設梶j
5社を迎えて始めての養蜂
導入方法のレクチャーを行った。
導入先ずは、ハマ!ブンブンの岡田さんがレクチャー 
蓋をあけたら一斉にミツバチたちが飛び回り久しぶりの再会に感動
 
 
   そして当社養蜂実行委員長 金子がチャレンジ
これからサクラの季節収穫が楽しみです。   
   
2011年2月15日(火)久しぶりの・・・
昨日の夜は久しぶりに積もるほどの雪が降った。
大事には至らなかったけれど商店街結構雪が積もってた。
商店街を見回すと社員総出で雪かきをしてました。
いつも言っている地元の方の安心を・・・が社員に通じた瞬間だった。 o(^O^)/
   
   
 
2011年1月22日(土)悲しい出来事があった。   
今日はなんかWANEYが小屋から出てこない。ここ数日寒い日が続いてたので、年末から寒さ対策で建設会社の強みを生かして、外断熱の小屋を作って越冬準備万全のはず。  
   当日の朝は寒かった。
WANEYが小屋から出てこない。
いやな予感が的中です。
蓋を恐る恐る空けてみると何とWANEYたちがまるで剥製のように艶々のまま動きません。
恐らく霜が降りた瞬間に凍ってしまったのです。
残念でなりません。かわいがっていたWANEY実行委員長愕然です。
3月に新たにWANEYプロジェクト再スタートです。
しばしお待ちください。
 
   
 
 2010年12月24日(金)クリスマスに良い事があった
先日会社の総務の女性から思わぬ喜びを聞いた。
毎年12月になると当社は目の前の学習塾ITTO個別指導学院の生徒さん達が、受験でがんばっているので何か応援できないか試行錯誤していたところ、玄関先にクリスマスツリーを飾って激励していたのですが、今年は言葉を伝えたくてそのツリーに応援メッセージを飾った。
その結果学習塾の先生から生徒の喜びの声を手紙して送っていただきました。


          
先生からの手紙
その手紙を見てそのツリーを飾りつけした総務の女性が感動をしました。
そしてこの女性は自分にも同じように受験生の子どもがいるので他人事でな無いので是非御礼の手紙を出したいと申し出て着たので、私は快諾しました。
なんか小さなところでのコミニュニケーションが生まれた瞬間でした。
これからも今回のようなことが沢山あるといいな。


    
 社員から学習塾へお礼の手紙
 2010年11月26日(金)黒豆の収穫
もうじき収穫です。これから伐採して干します。
丹波の黒豆採れたら蜂蜜煮に挑戦です。
   
2010年10月26日(火)黒豆の枝豆  
今日はみつばちの横で栽培しています丹波の黒豆で枝豆を収穫したいと思います。後一月もすると黒豆になるのですがその一部を早採りをしました。このあとはいわずと知れたビールで一杯と行きたいところ。  
アサヒスーパードライ黒豆枝豆最高です。
 
2010年10月22日(金)TEAM ワダチャリ  
今日はグループ会社の紹介をします。
当社の下の階に工藤不動産という街の不動産屋さんがあります。
そこで現在地域貢献活動の一部として、電動アシスト自転車の社会実験に協力してます。
この取組みは
事業名:ワダチャリ
主催:横浜国立大学地域実践教育研究センター
    YAMAHA
    保土ヶ谷区区政推進課
協力:工藤不動産梶@横浜国大大学生協 常盤台コミュニティハウス
    クリーニング白洗 ライオンズマンション和田町 村上書店
    山口サイクル 和田西部町内会館 
    和田町タウンマネージメント協議会
で行ってます。

 
  事業内容は

 横浜国立大学とヤマハ発動機株式会社の連携と、地元商店街、町内会の協力で、レンタサイクルの社会実験を行います。
 地域をつなぐ新たなツールとして、国大生協をはじめ、3か所にレンタルポートを設置して、約1か月間、電動アシスト自転車の貸出を行います。

 
くわしくは、こちら(横浜国立大学のサイトへ)でご確認ください  
  
2010年10月6日(水)内検・勉強会  
今日はいつもの内検にあわせて地域ブランド WANEYのおおもとである横浜建設業協会でこの事業を市内18区での取組みを(ビジネスブランド ハニーフィールドプロジェクト)来年から共に行う仲間(現在は、当社と潟Lクシマ)4社が名乗りを上げて貰ったので、そのうちの3社を招きHAMA BOOM BOOMプロジェクトの岡田氏を講師に招き勉強会を開催しました。参加したのは旭区栗原工務店瀬谷区川口工業緑区土志田建設港南区キクシマそして当社、HAMA BOOM BOOMの岡田氏以上のメンバーで晴天の中行われました。
 先ずは注意事項
みんな真剣です。
 小屋の設置う状況の説明  
 
防護服の着方をレクチャー  準備OK
燻煙器のつけ方から
   
ミツバチを怒らせないように横から煙を
みんなかぶりつきです。
巣脾枠を初めて持った参加者
卵や蜜をみて興奮です
   
 蜜刀で蜜の蓋を取ります。 分離機
周りについた蜂蜜の量にびっくり
   
 勢いあまって保護帽のままハチミツをなめてしまう人も  蜜刀の扱いに四苦八苦
   
 
2010年8月24日(火)和田地蔵祭り  
8月の23、24日に年に一回の和田地蔵祭りが開催されました。当社は24日に社員総出でWANEYの無料試食会を行い大盛況でした。
食パン20斤を4等分にして480食があっという間に完食しました。

その中で多かったお客様の声

・売ってほしい。
・うちの庭にもミツバチがきてたよ。
・さっぱりしておいしい。
 
  子供たちも大喜び
 大人も大喜び
 
2010年8月5日(木)内検・収穫  
前回の収穫から2週間夏真っ盛りそろそろ冬支度の準備に入るため、内検をしながら今まで大きくしてきた巣を少し減築しようと思い、第六回収穫祭を行いました。
今日はこの4名で行いました。




収穫量10.5kg.
糖度80.5%
 
 
今回は害虫トラップにクマンバチスズメバチが入ってました
   
 結果本日は片方の群だけ1階に減築をしました。
   
 
2010年7月18日(日)鈴木一家  
この前友達の鈴木一家が鎌倉からWANEYを見にたずねてきた。記念写真を一枚
   
   
2010年7月16日(金)内検・収穫・発送  
前回の収穫から2週間天気もやや空梅雨気味で、期待に胸膨らませ本日は第五回収穫祭を行いました。
今日はこの3名で行いました。
 
  開始から20分一箱目で既に大きな収穫ビン半分以上これは期待が持てそう。
後ろ足に花粉をつけているミツバチを発見。可愛らしいのでついワンショット。(マウスを当てると拡大されます。)  
  そうこうしているうちにミツバチの幼虫を発見これも働き蜂が蓋をする前の貴重な写真なのでワンショット。
(マウスを当てると拡大されます。)
 
結果こんなにとれました。
(マウスを当てると屋上での写真が見れます。)
  

収穫量24.5kg.
糖度78.2%


まずまずです。
 
  みなさんお待たせしました。
今年のお中元はWANEYと決めましたが、蜂の都合ですっかり遅くなってしまいました。
本日「暑中御伺」してお世話になっている方に発送しました。
到着までしばらくお待ちください。
こちらは枝豆日記

順調に成長してます。あと1、2週間が収穫目安です。
 
  秋に向けて丹羽黒豆も種まきが終わり目が出始めました。
 
2010年7月3日(土)内検・収穫  
今日は入梅して、天気が悪い日が続きましたが本日は第四回収穫祭を行いました。
今日は若手社員と共に4名で行いました。



                             モジモジ君登場
 
   
  内検をしながらの収穫

そこで偶然発見(マウスを当てると拡大します)
これひょっとして女王蜂のさなぎ!
後で調べることにしました。
 


収穫量が思ったより少なくてがっかり

今年はあと一回で収穫が最後になる
次回に期待しよう。


収穫量7.5kg.
糖度77.0%
2010年6月25日(金)枝豆日記  
5月8日に種を蒔いた枝豆に実がなりました。
触ってみるとさやの中に実が今年の夏は峰作になりそうな予感です。

 
2010年6月21日(月)内検・分蜂  
今日は入梅して今週収穫をしたいと考えていたので、天気が良いので急遽第三回収穫祭を行いました。
急だったので私と金子の2名で行いました。

 
   
  先ずは一箱目
先週の内検の時よりなんか元気がない。まさか・・・

屋上から下の魚屋さんの庇を見てたら・・・
そうです。分蜂してしまったのです。
(マウスをかざすと拡大されます)

急いで収穫を終わらせて分蜂してしまったミツバチを回収しにいきました。

収穫結果
収穫量18kg.
糖度78.4%
 
   
急のことだったので手作りの巣箱をダンボールで作って梯子で登って、箱に落とすようにミツバチを回収^


回収のあとも健気にミツバチたちは自分の巣を探してます。
 
   
  手作りの巣箱を庇に置くとドンドン入っていきます。
ある程度入ったところで蓋を閉めて、庇ににおいが残っているといけないので、スプレー型湿布剤を吹きかけました。

屋上に簡易巣箱を戻して無事終了

町内会や商店街の人が沢山集まってきてしまいました。
ご心配おかけいたしました。
 
   
   
   
  
2010年6月15日(火)内検  
入梅して内検の日程が決まらず朝から天気が良かった事と前回の収穫祭から10日以上が過ぎていたので急遽内検を行うことにしました。  
  社長の所属する横浜青年会議所村田先輩
突然の訪問。ミツバチをみて関心してました。
 
   
 巣脾をミツバチ自ら作り上げた。日にちを空けすぎたのが原因。新しい巣脾をセットしました。
来週あたり収穫しようと思います。
 
 
2010年6月3日(木)第二回収穫祭  
今日は建設業の仲間たちと7人と第二回収穫祭を行いました。前回から約20日の間にどのくらいの蜜が取れているか楽しみです。  

 
先ずは事業内容の説明と安全面の説明
   
真剣に蜜の溜まり具合をチェックする参加者  こんなに取れました。
収穫量18kg.
糖度81.0%
 2010年5月21日(金)みつろう  
 先日の収穫祭で出た蜜蝋を使ってロウソクの原料を抽出してみました。先ずは水を沸騰させて蜜蝋を溶かします。
続いて不純物を取り除き、水に移すと黄色い幕が出来ます。
暖かいうちに団子状にしてロウソクのロウソクの元が取れました。もう少し溜まったらロウソク作りにチャレンジしてみます。
 
  これが蜜蝋 
   
 不純物を取り除くとこんなに黄色く  煮立ってます
 
 2010年5月15日(土)収穫祭  
 本日は晴天
かねてより予定をしていました採蜜の時期がやってまいりました。
地元の町内会、商店街、横浜国大生、先生それから保土ヶ谷区の地域振興課、横浜建設業協会保土ヶ谷区会総勢18名で採蜜を行いました。
  先ず会社の会議室で事業の趣旨説明と安全面の説明 
   
   
 いよいよは巣箱を開けます。  これが分離器(遠心力で蜜を取り出します)
   
みんなで交代で回しました。  分離器の栓を開けます。
   
   
 離ろ過器で2回こしてビンにつめます。  収穫量3キロ採れました。
   50mg小瓶に分けて参加者に配りました。
   
  最後に会議室に戻って参加者の感想を聞かせて頂きました。
意見を集約しますと
1.この事業をきっかけに地域が緑いっぱいになるといい。
2.商店街のべっぴんマーケットでも親子でパンケーキを焼く企画をしたのでそのときにハチミツを使いたい。
3.地域が活性化するような楽しい事業ですので、是非とも第二回、三回と開催してもらいたい。
4.採算は合うのか。



最後に本日もう一群巣箱が届きました。
次回収穫祭お楽しみに!
   
 
 2010年5月8日(土)内検・祝増築  
   
  みつばちたちが来て一週間がたちました。
当社に来る前から蜂が増え続けているので今日は地元のボランティア田中さん当社会長を加えて四人で内検(女王蜂がいるか確認)をしてから、増築をすることにしました。

先ずは蓋をあけます。
 
   
  巣礎枠(すそわく)を取り出して女王蜂のチェック 
   
   
いました
これが女王蜂です。
   
  継箱(つぎばこ)をセットして空の巣礎枠(すそわく)を入れました。 
   
  祝上棟 無事に二階建てになりました。
内検時の感想では蜜がかなりの量、蓄えられてきているので、今度の土曜日には地元の方とともに、はじめての収穫祭をしようと思いました。


次回・・・・はじめての収穫 
   
   
   
   
2010年5月8日(土)屋上の緑化推進  
みつばちたちが来て一週間がたちました。小屋の周りに緑を増やしたくて花を植えました。
それから夏に向けて枝豆の栽培も始めました。
   
 
 
2010年5月1日(土)
ミツバチが車の荷台に揺られてHama Boom boom!Projectの岡田さんとやってきました。
移動でちょっと箱の中が騒がしいかと思ったら、岡田さんがいうには、このミツバチたちは非常に良い子で、育った環境がいいから温厚なんだということでした。。

いよいよ箱の蓋を開けて。

いよいよわだまちミツバチ大作戦のスタートです。
2,3週間後に収穫祭の予定です。


   
 
  
2010年4月30日(金)  
ミツバチの小屋が出来上がりました。
養蜂セットも到着して着込んでみました。ちょっと大きいかな。
 
 
 2010年4月20日(火)
ミツバチがやってきます。
 5月1日にミツバチがやってきます。
いよいよわだまちミツバチ大作戦のスタートです。
 
2010年4月9日(金)
ハチミツ収穫祭 
4月9日に今回のプロジェクトの筆頭場所である大倉山商店街ハチミツの収穫祭を開催しました。
当日はWANEYが到着したときのために、私と当社 金子の二名で実体験をしてきました。
実体験をして全体の感想としては、ミツバチはやっぱり攻撃的ではなく、むしろ人に優しい感じがしました。
和田町にミツバチが到着するのを心待ちにしてます。

  設置状況

これが巣箱の設置状況普通に一軒家の庭先に3群の巣箱が設置されてました。
作業手順1

箱を開けて燻煙器で煙を掛けて蜂をおとなしくさせて巣脾(すひ)を取り出すまでがわかります。

作業手順2

ハチミツガ一杯なった巣脾を蜜蝋で塞ぎます。それを蜜刀でそぎ落とし、分離機にかけ、蜜こしで蜜蝋の取り出すまでがわかります。
 

約5キロのハチミツが取れました。

矢印をクリックすると手順がわかります。
※巣脾・・・ミツバチが分泌する蜜蝋(みつろう) 
       で作られた6角形の巣

※蜜蝋・・・働き蜂から分泌されるパルミチン酸
       ミリシル(クレヨンやろうそく、ワックス
       化粧品に使われる)
   
  実施体験(社長編) 

分離機に挑戦

意外と簡単にハチミツが出てきました。
 
実施体験(金子編)   

初めての体験ワクワクしました。

先ずは完全防備
 
  それから巣箱へ
ちょっと腰が引けてるような。
 
  養蜂家の方の指導がわかりやすく、ハチも思っていたよりも暴れないので安心しました。
   
   
蜜蝋です。  女王蜂 
 
 
 2010年3月24日(水)
 先日、和田町駅周辺地域エリアマネジメントプロジェクト スタジオ★へそちくの山田浩和さんが和田町駅周辺限定情報誌「わだまち駅界隈」の記事でわだまちミツバチ大作戦のことが
3月24日発行の第13号 2010年春号700KB)に掲載されました。
 
 
 2010年3月15日(月)
 プロのアドバイス
 
 今回の大作戦は「建設業と地域の元気回復助成事業(国土交通省)」ヨコハマ商建連携推進協議会の試みで、社団法人横浜市商店街総連合会横浜市それから当社が加入している 社団法人横浜建設業協会とが手を組んで互いの発展の為に活動しています。
その横浜建設業協会の会議室で神奈川県養蜂組合の関組合長 人見さん、それからHama Boom boom!Projectの岡田さん、それから今回の事業に携わる横浜建設業協会の地域建設業総合対策特別委員会の協会員が養蜂事業についてセミナーを拝聴しました。
もうじき蜂たちがやってきます。たのしみー。 o(^o^)/
 
 
 我らが委員長 菊嶋委員長   一番左が白井副委員長 
 
 
 養蜂家の右が関組合長 左が人見さん     いつも陽気な根本委員
 
 
 2010年2月25日(土)
 イメージキャラクター更新
 先日、和田町駅周辺地域エリアマネジメントプロジェクト スタジオ★へそちくの山田浩和さんが和田町駅周辺限定情報誌「わだまち駅界隈」の取材で会社にお越しになりました。
わだまちミツバチ大作戦のことが地域のコミュニケーションツールであることを説明させて頂きました。
そのときに現在の手書きのイメージキャラクター「WANEY」をトレースして一部アレンジを入れて頂きましたので紹介します。
 
 
    イメージキャラクター WANEY 
 
2010年2月6日(土)
昭和建設の工藤 圭亮です。今日からブログをスタートします。

私は日々、持続可能な社会の創造に向けて様々な活動をしてます。その一部をここで紹介したいと思います。

先ずは
わだまちミツバチ大作戦がスタートしました。
この日記で更新していきますのでお楽しみに!

わだまちミツバチ大作戦とは・・

ミツバチを通して町にみどりを増やします。その試みに参加する現代社会の大人たちと、将来世代の若者たちに環境改善の意識変化を刻み込み、ミツバチを中心としたコミュニティーをここに生みだします。
この事業を通じて、調和のとれた持続可能な社会を創り上げる事を目指しています。
※WANEY(造語)  WADA(和田町)+HONEY(蜂蜜)
  WANEY イメージキャラクター
 
昭和建設 木造住宅 ベッセンホームズ

 
 
昭和建設 木造住宅 ベッセンホームズ