県立子ども自立生活支援センター「きらり」新築工事

  • 公共施設

施工詳細

工事名児童心理治療施設棟(定員42名)、管理棟
渡り廊下1、渡り廊下2、連絡橋
工事場所神奈川県平塚市片岡991-1
設計・監理株式会社 国設計
渡辺組・昭和建設特定建設工事共同企業体
敷地面積20,365.72㎡
延べ床面積全工区9,144.53㎡ 第一工区 3,354.42㎡
主要用途学校
発注者神奈川県 県土整備部 住宅営繕事務所
竣工日予定平成29年2月17日
建築面積全工区4,632.71㎡ 第一工区 2,267.12㎡
構造構造:鉄筋コンクリート増(RC造)/鉄骨造(S造)
       地上3階/地上2階
共同企業体の構成員として(渡辺組・昭和建設特定建設工事共同企業体)
昭和建設株式会社 代表取締役 工藤 圭亮
 この度神奈川県からご下命いただきました「児童自立支援拠点新築工事(建築‐第一工区) 平成27年11月より進めて参りました本工事が無事故無災害の中無事竣工を迎えることが出来ました。
数ある公共施設の中のうち、本施設の必要性、重要性を深く認識して、この施設の完成まで、神奈川県ご当局をはじめ、設計者であります国設計殿、工事協力会社各位、地元関係者の皆様方のご指導・ご鞭撻を賜り、細心の注意を払い、設計の趣旨、計画の意図を十分理解して進めて参りました。
完成を迎えまた本施設で職員の皆さん、生徒のみなさん、地域のの方々が活用され、安心・安全な暮らしが出来る地域として益々発展されますことを心より祈念いたしましてご挨拶とさせていただきます。

Photo Gallery

PAGE TOP