市営地下鉄新横浜駅改良工事(前期工事)

  • 公共施設

施工詳細

工事名市営地下鉄新横浜駅改良工事(前期工事)主要用途地下鉄駅舎
工事場所横浜市港北区新横浜駅2丁目100番地(横浜市営地下鉄新横浜駅)発注者横浜市交通局
設計・監理株式会社 マルタ設計竣工日予定2020年6月30日
敷地面積6813.13㎡建築面積申請部分:349.90㎡
延べ床面積申請部分:6157.58㎡最高高さ6.65m
主要構造地上1階、地下2階構造鉄筋コンクリート、一部鉄骨
工事概要電気室・換気機械室移設工事
バリアフリー工事
老朽化対策工事
請負形態渡辺組・昭和建設共同企業体
工事名市営地下鉄新横浜駅改良工事(前期工事)
主要用途地下鉄駅舎
工事場所横浜市港北区新横浜駅2丁目100番地(横浜市営地下鉄新横浜駅)
発注者横浜市交通局
設計・監理株式会社 マルタ設計
竣工日予定2020年6月30日
敷地面積6813.13㎡
建築面積申請部分:349.90㎡
延べ床面積申請部分:6157.58㎡
最高高さ6.65m
主要構造地上1階、地下2階
構造鉄筋コンクリート、一部鉄骨
工事概要電気室・換気機械室移設工事
バリアフリー工事
老朽化対策工事
請負形態渡辺組・昭和建設共同企業体

この度、渡辺組・昭和建設共同企業体で横浜市交通局様からご下命いただきました「市営地下鉄新横浜駅改良工事(前期工事)」 を平成30年6月より進めております。

数ある公共施設の中のうち、本施設の必要性、重要性を深く認識して、この施設の完成まで横浜市交通局をはじめ、設計者であります株式会社マルタ設計、工事協力会社各位、地元関係者の皆様方のご指導・ご鞭撻を賜り、細心の注意を払い、設計の趣旨、計画の意図を十分理解して進めて参りました。

1日7万人の方が利用される施設でラグビーワールドカップでは45万人の方が利用されると予想されています。完成を迎えた暁には本駅をご利用して行きかう皆様が快適に使用できるよう、無事故無災害で竣工を目指してまいります。

地域のの方々が活用され、安心・安全な暮らしが出来る地域として益々発展されますことを心より祈念いたしましてご挨拶とさせていただきます。

渡辺組・昭和建設共同企業体

Photo Gallery

PAGE TOP